• Русский
  • English
  • Deutsch
  • 日本の
  • Italiano
  • Francais
  • Español
お電話: +7 (495) 287-78-79 | Email: contact@spmc.ru

食品工業の企業への冷凍・冷蔵設備の納入

ロシアエンジニアカンパニーとともに、注文主の提案依頼書にしたがって、能率・信頼の高いメーカーのグループ(Mayekawa, Siemens, Guntner, AWP) を選んで、入札してから、仕入れを行った。

 

主な成分のメーカーはヨーロッパとアジアにあった。近代化ダイヤに従って、設備が発送準備におかれる期限をメーカーと打ち合わせて定めた。

生産技術的に有利な設備をSPMKホールディングと注文主の代表者とともにメーカーの工場で受け渡しした。

 

我がロジスティックス枠組の肝いりで、メーカーの位置と設備の最大外郭にしたがう最適の引渡し方法が決められて、バルキー貨物の輸送許可も受けられた。

輸送中、バルキー貨物用の低荷台トラックを含む色々な全車両を使用した。

 

それから鉄道運輸で引渡しを行った。荷役の際、製品の保管や取り付け方法に特にたいし注意を払った。

 

 

 

私有の有力石油ガス会社への全般的供給

SMPKホールディングは、エンジニアリングとサービスを行って、設備、消耗材料と部品を納入して、ハントゥイーマンシー自治管区における私有の有力石油ガス会社への供給計画を実現化した。

 

同一種の研究所の指示に基づくSMPKホールディングは、付随ガスの液化向けのユニットの建設にかんする総括請負機の責任を負った。

 

予め決められたパラメーターにしたがって、必要な設備、すなわち管制・保護モニタリングシステム(Bently Nevada, 油分離システム(Dornnic Hunter)、Мусоmコンパウド圧縮機、コンデンサーEvapco社)、 AWPTyco閉塞弁、Siemens Lohe電気モーターまた Cabero空気冷却器が納入された。

 

SPMKホールディングは技術標準と 全国家規格に合致する許可書を受けれうことを保障した。

 

我が会社は 建設・据付け作業の実行に関する提案を評価して、もっとも良い入札を選んだ。

 

現在、我々はその企業にたいし保証サービス・アフターサービスを行う。

 

 

 

 

 

発電所のための設備と部品の納入

建設作業の最後の段階において、我々は発電システムとタービンへのガス燃料供給システムの主なメーカーを選択するという課題を課せられた。

 

注文主がMotor Sich(ウクライナ)の生産したガスタービン機械を選んだ後、ガス昇圧コンプレッサーも選ばれた。 高効率化を実現するため、日本の有力メーカーが生産した電力で駆動するモーターのある、複式機関タイプの二段圧縮らせん状コンプレッサーが使われた。 

 

それにMayekawa管制装置、AWP閉塞弁、Мусоm油分離器も備え付けられた。

 

SMPKホールディングが提出したそのような技術的解決法のおかげで、ピーク荷重の際、経営費が最低になっても企業への発電供給を円滑にすることは可能になった

 

現在、我が会社は取替部品と消耗材料を納入する。

 

 

 

 

エキスかベータ組み立てコンベーヤーへの納入計画

日本の技師が開発した技術書類にしたがって、エキスカベータ製造のとき使う材料と消耗材料を定めた。生産物の名称が3000以上であるThreeBond会社(日本)の革新的な製品はその重要な一部である。

 

生産過程の円滑を目的とした我が会社は、コンベーヤーラインのため必要な消耗材料を納入することを義務とした。

 

工場の生産計画にしたがって、SPMKホールディングは必要な資材を生産する主なメーカに注文をだす。足なみの揃った、きちんとした仕事で生産サイクルを保証する自社ロジスティックス組織のあることは重要な役割を果たす。

 

 

 

他のプロジェクト

  • 個人作業仕様(書)に基づく設計と生産
  • 近代化とエネルギー効率の増大
  • 新しい要素を作業システムに込み入れること